勉強会

東京勉強会「初心者のための知的財産セミナー」

弁理士の山﨑先生をお招きし、特許や発明、商標についてお話をお聞きしました。
特許や商標の専門家が弁理士という資格なのですが・・・便利な人、便利屋さんだと思っている人もいるようで、かなり難易度の高い資格ですし専門性も高いのに、残念・・・
ということで、弁理士会ではキャラクターを作って、弁理士の活動を広めているそうです。
こちらのキャラクター名「はっぴょん」は小学生が命名。
もちろん、容姿も名前も、商標登録されています。

特許や商標登録というのは、パクられないための手続きというイメージしかなかったのですが、
アイデア、考え方、作り方という、人の努力を守る、目には見えにくいけれども、助ける、保護する大事なことなんだと知りました。
何年もかけて生み出したものを、お隣の人に真似されて、お隣の人だけが儲けてしまったら、それはそれは悲しいし頭にくる・・・
地味だけど人助けのお仕事なんですね、弁理士さん。
また、これは登録できた、却下された、どの部分が認められなかったか、裁判の後に仲良くなって一緒に開発している企業の話、そして裏話など、普段なかなか聞くことのできない面白いお話が聞けてました。
山﨑先生、ありがとうございました!

関連記事