勉強会

大阪勉強会「ムーディ勝山さんセミナー」

令和3年2月20日、大阪勉強会の講師として、ムーディ勝山さんをお迎えいたしました。
登場はもちろん白スーツに金マイク、そしてあのメロディ…「チャラチャッチャッチャラッチャー」

一世を風靡したネタが、ほんの数メートル前で生で繰り広げられていることに、参加した会員もすっかり圧倒されていました。
Facebookのリアルタイム配信で観ていた会員からも、歓喜の声が。

その後は、座談会形式でNGナシの質問大会。
『右から左へ受け流す』のネタが生まれた経緯や、それでどれぐらい儲かったのか。
ブレイク時期を過ぎて一気にメディアへの露出が少なくなって、その間はどうしていたか。
徐々に仕事が戻ってきた中で、あの騒動に巻き込まれてしまったいきさつなど。

どれも第一線を経験した方でないと感じることができないであろう、とても貴重なお話しを聞かせていただきました。
ちなみに、私が個人的にずっと聞きたかったのは「なぜ『ムーディー』ではなく『ムーディ』なのか?」だったのですが、その答えも聞くことができました。

同期の方々のこと、後輩との関係性のこと、これからの活動についてなどたっぷり2時間。
楽しい時間は、あっという間に過ぎていきました。

この春からは地元滋賀県でラジオがはじまったり、現在はnoteでの執筆に力を入れているというムーディさん。
参加した会員全員に、サイン色紙のプレゼントもしていただきました!

ムーディ勝山さん、ありがとうございました!!

記事担当は、黒田英雄でした。

関連記事