勉強会

大阪勉強会「あっせん申請書と答弁書の書き方」

前回のあっせん体験に続いて、申請書や答弁書の書き方を勉強しました。
書いてみるのではなく、実際の申請書や答弁書を見て勉強するという感じになりました。PC持ってきていなかったので・・・
でも、いろいろなのを見るのも勉強になりますね。
手書きでもいいんだ~とか、枚数も様々なのねとか、どんな流れで書くかも人(専門家)それぞれなのねとか。
申請書は、時系列で書く人もいれば、論点ごとにまとめる人もいて、つまりは、
読む人に伝わりやすければいい
ということです。
答弁書は、申請書に対するお返事ですね。
そこは書かれているとおり間違いないですとか、そこは違いますとか。
違うという主張なら、その理由も書いたほうがいいけれど、書いていない答弁書あったり、答弁書もいろいろですね。
特定社労士合格したけど、実務のハードルが高いという声を聞きますが、こうやって実際のものを見ると安心します。
※実際のものがショボイと言っているのではなく、マネして書けばいいんだなってことで
11月28日(土)は東京で、あっせん体験勉強会開催です。

関連記事