裁判傍聴

メットライフ生命パワハラ・不当解雇撤回裁判に行ってきました

2020年11月11日、東京地裁に、メットライフ生命によるパワハラ・不当解雇の裁判の傍聴に行ってきました。
原告の平松さんは当会の会員でもありますので、みんなで応援に!
傍聴席は満席になり、入れない方も。
16席のうち、1席だけ被告(会社側)の人事の方が座っていました。1席だけって辛いなあ・・・
どんなパワハラか書くと、たくさんあってとても長くなってしまいますので1つだけ書きます。
10人の見張り役が1日中平松さんを監視し、精神的に追い詰め、退職勧奨を行った。
退職勧奨に応じなかったので、最後はロックアウト解雇。10人、こんな仕事嫌だねえ。

今回はその弁論期日ということでした。

会社の言い分は、
「降格の規定はないが慣例です」
「降格に伴う減給だから問題ない」
「過去にも3例あるので君だけじゃないよ、だから問題ない」
( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)
慣例で降格できるのか、この会社は!
そして、君だけじゃないから問題ないって・・・
君だけじゃないほうが大問題!!ほかにもやってるんか!!
まあ、かなり苦しい言い訳だったので、次回以降も楽しみです( *´艸`)
最後に次回以降もガンバロウ!の記念撮影。

12月3日は会社前で抗議集会を行います。

関連記事