裁判傍聴

2020年10月不当解雇の労働審判

東京地裁に行ってまいりました。
午前中は池袋暴走事故の初公判で、かなり人が多い。
今回、労働審判なので傍聴はできません。
13階で受付をし、自販機を探したがない・・・
11階の端と地下ですと聞いて、なんだ、各階にないのかと。
東京地裁に行かれる方は、中に意外と自販機が少ないので買ってから行くとよいです。

労働審判の際中は、当事者と代理人だけが部屋に入り、我々は控室で待機。
当事者も自由に出て来られるので、わからなかったり相談したいときは控室まで来てねと言って、お見送り。裁判官も、「相談している社労士の方々にも聞いてみてください」と親切におっしゃってくれたので、金額を決めるときは控室で作戦会議ができます。

守る会でサポートした労働審判は、1回で和解したものしかないのですが、2回目3回目に突入してしまうケースはどんなのかなあ・・・

守る会では裁判傍聴もときどきやっています。

関連記事